Set-SPOTenantでわりと変更するテナント設定(ソーシャルバー、リストコメント、ニュースダイジェスト)

今回はSet-SPOTenantで変更する設定に関する紹介記事を書こうと思います。
本記事では、ソーシャルバー、リストコメント、ニュースダイジェストに関する設定方法です。

  • ソーシャルバー・・・ページ下部に表示される[いいね!] [表示数] [後で見る]等のメニュー群です。
  • リストコメント・・・リストのアイテム単位にコメントできる機能です。
  • ニュースダイジェスト・・・「見落とした可能性のあるニュース」というメールを自動的に送信する機能です。(新機能)

2021年4月現在、ソーシャルバーの設定はテナントかサイト単位での設定ができるようです。
しかし、リストコメント、ニュースダイジェスト機能はテナント単位での設定しかできません。

Get-SPOTenant

まずは事前にテナントの設定を確認しておきましょう。
以下コマンドを実行し、各設定のプロパティを取得します。

$adminurl = "<https://<yourtenantname>-admin.sharepoint.com>"
Import-Module -Name Microsoft.Online.SharePoint.PowerShell
Connect-SPOService -url $adminurl

Get-SPOTenant | select "CommentsOnlistItemsDisabled", "SocialBarOnSitePagesDisabled", "EnableAutoNewsDigest" | fl

取得した3つのプロパティは以下に対応しています。
ソーシャルバー = SocialBarOnSitePagesDisabled
→無効にしたい場合はTrueにする
リストコメント = CommentsOnlistItemsDisabled
→無効にしたい場合はTrueにする
ニュースダイジェスト = EnableAutoNewsDigest
→無効にしたい場合はFalseにする

Set-SPOTenant

それでは設定を変更するために以下のコマンドを実行してください。

# ソーシャルバー(テナント)
Set-SPOTenant -SocialBarOnSitePagesDisabled $true​
# ソーシャルバー(サイト単位)
Set-SPOSite -Identity <サイトの URL> -SocialBarOnSitePagesDisabled $true
# リストコメント
Set-SPOTenant -CommentsOnListItemsDisabled $true
# ニュースダイジェスト
Set-SPOTenant -EnableAutoNewsDigest $false

注意点

本コマンドで操作するプロパティは、最新のプロパティであるため、古いPowerShell モジュールを利用していると実行できないケースがあります。
そんな場合は、「Update-Module Microsoft.Online.SharePoint.Powershell」でモジュールをアップデートしてあげてください。

終わりに

今回は以上となります。
最近はかなりモチベーションが下がってしまっていて、なかなか記事がかけません。
今後もう少し最低でも月1はかけるようにしていきたいものです。。

それではまた。