【Office365】PowerAppsの環境情報をJSON形式で取得する【PowerShell】

2019年6月29日

今回はちょっとばかし専門外ですが、PowerAppsの環境情報を出力する機会が有りましたので、それの備忘になります。
と入っても、PowerShellにはPowerApps専用のモジュールが一通り揃っているので、
コマンドを叩いてそれをJSONに整形するだけです。

解説

解説も何も、全てPSコマンドがあるのでそのとおりに実行するだけです。
また、PowerShellには「ConvertTo-Json」コマンドもあるのでJson形式で取得するのも容易でした。

もしPowerApps関連のモジュールを取得していない場合は以下のコマンドを実行してから上記のスクリプトを利用ください。

Install-Module -Name Microsoft.PowerApps.Administration.PowerShell
Install-Module -Name Microsoft.PowerApps.PowerShell -AllowClobber

終わりに

今回は非常にシンプルな記事となりましたが、備忘のために記載しました。
今後は少し機械学習に関しても触れていこうかなと思います。

それでは